現在位置 : トップページ > 金融機関の名義変更手続きについて
文字サイズの切り替え| 小さく標準大きく

金融機関の名義変更手続きについて

手続きの流れ

手続きの流れ

※登記事項証明書の交付請求は、各法務局窓口で行う他、インターネットにより法務省ホームページのオンライン申請システムを通して行うこともできます。

 

法務省 オンライン申請システム

手続きの際に必要なもの

■個人 → 個人が後見人になる場合 例:家族など

■法人 → 法人が後見人になる場合 例:成年後見センターなど

福岡銀行

■個人 

   ・登記事項証明書(法務局発行)

   ・後見人の実印、印鑑証明

   ・本人の通帳(あれば証書、キャッシュカードも)

   ・身分証明書(保険証、免許証、パスポートなど)

 

■法人

   ・個人の場合に必要なもの

   ・履歴事項全部証明書(以前の登記簿謄本)

   ・手続者の身分証明書

 

※各書類は原本が必要です。

ゆうちょ銀行

■個人

   ・登記事項証明書(法務局発行)

   ・印鑑(届出印)

   ・本人の通帳(あれば証書、キャッシュカードも)

   ・身分証明書(免許証など)

 

■法人

   ・個人の場合に必要なもの

   ・履歴事項全部証明書

   ・手続者の身分証明書(保険証が望ましい)

 

※事前に(届け出る2週間前までに)窓口で通帳、証書の現存調査を行っておくことをお勧めします。他に通帳や証書がないか、全て調査することができます。

西日本シティ銀行

■個人

   ・登記事項証明書(法務局発行)

   ・後見人の実印、印鑑証明

   ・本人の通帳(あれば証書、キャッシュカードも)

   ・身分証明書(保険証、免許証、パスポートなど)

 

■法人

   ・個人の場合に必要なもの

   ・履歴事項全部証明書

   ・手続者の身分証明書

ひびき信用金庫

■個人

   ・登記事項証明書(法務局発行)

   ・実印、印鑑証明

   ・本人の通帳(あれば証書、キャッシュカードも)

   ・身分証明書(保険証、免許証、パスポートなど)

 

■法人

   ・個人の場合に必要なもの

   ・履歴事項全部証明書

   ・手続者の身分証明書

 

※基本的なものを挙げています。 登記事項証明書の内容に応じて、更に書類が必要になる場合があります。 

 

 

 

※これらは参考ですので、詳しくは各金融機関にお問い合わせください。