現在位置 : トップページ > 成年後見制度について
文字サイズの切り替え| 小さく標準大きく

成年後見制度について


 「成年後見制度」には【法定後見制度】と【任意後見制度】の2種類の制度があります。しっかり知ってから利用しましょう!

 

 

 「成年後見制度」とは、判断能力が十分でない人(本人)を法律的に保護し、支えるための制度です。 
 病気や事故などによって判断能力が十分でなくなった人(認知症高齢者や知的障害者、精神障害者等)が、医療や介護に関する契約を結んだり、預金の払戻しや解約、遺産分割の協議、不動産の売買などをする場合に、本人に不利益な結果を招かないよう、本人を保護して支える人が必要になります。
 このように、判断能力が十分でない人のために、援助者を選び、この援助者が本人のために活動するのが成年後見制度です。成年後見制度には、すでに判断能力が低下している場合に利用する「法定後見制度」と判断能力があるうちに将来に備えて契約を結んでおく「任意後見制度」の2つの仕組みがあります。

 

法定後見制度とは
法定後見制度とは
法定後見制度とは
法定後見制度とは
任意後見制度とは
任意後見制度とは
任意後見制度とは